スポーツ障害が治らない・悪化する理由

こんにちは、江東区のなかの杜接骨院です。

本日はスポーツ障害についてお話します。

 

スポーツ障害には、シンスプリント・ランナー膝・野球肩・野球肘・テニス肘・オスグッド・ジャンパー膝などさまざまな種類がありますが、ほとんどの場合は、運動のし過ぎによる過度の負担(オーバーユース)が原因で発症します。

 

 

スポーツ障害が改善しない・悪化する理由

 

怪我やスポーツ障害の際には、一般的に痛みどめや湿布、テーピング固定などを行うことが多いと思います。

 

しかし、怪我をしてしまった原因や、怪我をしない体の使い方を覚えていかないと、何度も同じ場所を痛めてしまうことにもなります。

 

「捻挫が癖づいてしまっている」「肘に不安を抱えながら投げている」「膝の痛みと付き合いながら練習している」といった悩みも多く伺います。

 

捻挫・肉離れ・打撲・シンスプリント・ランナー膝・野球肩・野球肘・テニス肘・オスグッド・ジャンパー膝など、怪我や障害の種類によって最適な対処方法は変わります。

 

また、一時的に対処するだけではなく、体の使い方(例えば投球フォームや、トレーニングフォーム、練習方法、姿勢)などを変えていく事の方が重要です。

 

 

スポーツを長く楽しむためにも、怪我をした場所の痛みを緩和するだけではなく、怪我しずらい体にするにはどうしたらよいか?を考えた上での対応が大切です。

 

 

なかの杜接骨院では、スポーツ障害に限らず、痛みが出た原因を探り、どのような姿勢でどのような身体の使い方をして痛みが出たのかなど、その人に合った根本的な治療を心がけております。

 

もし、なかなか症状が改善せずお悩みの方は、ぜひ一度ご相談ください!!

お問い合わせはこちらからどうぞ

住所 / 〒135-0011 東京都江東区扇橋2-20-9
営業時間 / 月〜金 午前 8:00〜12:00 午後14:30〜20:30 土8:00〜13:00
定休日 / 日曜・祝日

  • 電話番号: 03-6666-2675
  • お問い合わせ