座り方のススメ2

こんにちは

なかの杜接骨院です!

前回の座り方のチェックに当てはまりましたか?

おそらく多くの方が脚を組んでいたり、脚を伸ばして座っていたりしたのではないでしょうか?

では早速解説していきます!

・脚を組んでいる(片方のお尻に体重が乗っている)
A .脚を組む事によって重心が崩れ、片側の筋肉に負担がくる事によって、痛みやこりを引き起こすことがあります。
また脚を組んでいる人で背筋が伸びている人はいませんよね?笑

・頬杖をついている
A .頬杖がつける状態は姿勢が丸まってますよね!?
さらに片方に体重が乗るので、良くはないです。

・脚を伸ばして座っている
A .脚を伸ばして座ると自然と腰が丸くなります。
もも裏の筋肉が引っ張られるからです。

・浅く座っている
A .一見良さそうに見えますが、浅く座っていて、背中の一部だけ背もたれについていると危険です!
反り腰になることで、常に腰に力が入っている状態です。
続くと結構不良から痛みが出ることがあります。

・背筋を伸ばして伸ばしている(反り腰になっていれば)
A.浅く座っているのと同じなのですが、腰が反りすぎることが、むしろ負担になることがあります。

次回はいい姿勢について書いていきますので、よろしくお願いいたします!

 

お問い合わせはこちらからどうぞ

住所 / 〒135-0011 東京都江東区扇橋2-20-9
営業時間 / 月〜金 午前 8:00〜12:00 午後14:30〜20:30 土8:00〜13:00
定休日 / 日曜・祝日

  • 電話番号: 03-6666-2675
  • お問い合わせ