そこ初めてでも安心の接骨院ガイド!整骨院等との違いも含めて解説

そこ初めてでも安心の接骨院ガイド!整骨院等との違いも含めて解説

 

接骨院、行ったことはありますか?

接骨院とは、主に脱臼や骨折、捻挫や打撲などを手技によって痛みを減らし病状を改善に導く施術所です。

一般的な病院とは目的もアプローチも全く違い、初めて行く場合は不安な人も少なくないのでは?

今回は初めての方のために、接骨院とは何なのか、その役割や特徴から、
一般的な病院や整骨院・整体院など他の施設との違いについても解説します。

「接骨院」ってそもそも何?その特徴とは

接骨院は街によくあるので、看板だけは見たことがあるという方は多いはず。では、接骨院って何なのか具体的に知っていますか?意外と知らない方も多いのではないでしょうか。

接骨院とは、骨折や打撲、挫傷やムチウチ、脱臼などの損傷に対し、医療に基づいた投薬や手術を施すことなく、手技による「施術」を使って症状の改善、損傷の回復を促すことを目的とする施術所です。別名では「ほねつぎ」とも呼ばれていて、医療行為は行わず「医療類似行為」を行う、民間療法・代替医療を提供する施設です。

接骨院には、「柔道整復師」と呼ばれる国家資格者が働いており、これが大きな特徴となっています。

接骨院で働く「柔道整復師」とは?

柔道整復師という職業を知っていますか?整体師やカイロプラクターと比べると、いまいちイメージがつかみにくいという人も多いのではないでしょうか。

柔道整復師は、「柔道整復術」によって施術を行う国家資格です。柔道整復術というのもまた聞きなれない言葉かもしれませんが、柔術に含まれる技術である「活法」を使って、手技によって骨折・脱臼などの損傷箇所に働きかけ、人間が本来備えている自然治癒力を最大限に高める施術を言います。

手技を使って身体に働きかけ、自然治癒力を高めるアプローチは、整体やカイロプラクティックともよく似ています。ただ、柔道整復術では緊急性の高い外傷の場合に健康保険が適用されることや、骨折や挫傷なども取り扱うことから損傷度合いに合わせて矯正や固定といった補助的な対処を行うことがあるのが特徴的となっています。

このように用いる理論こそ異なりますし、保険適用施術などもある点は異なるものの、概ねアプローチとしては整体などとよく似ている、と考えれば、抵抗感も薄れるのではないでしょうか。

接骨院は保険が適用される?

接骨院では、健康保険適用を受けられるのでしょうか?整体などと同じく医療行為ではなく医療類似行為なのだから健康保険適用はないだろう、そう考えている方も多いかもしれません。しかしより正確を喫する説明を行うとするならば「柔道整復師の働く接骨院・整骨院の場合なら、健康保険を適用できる場合がある」ということになります。

柔道整復師は国家資格保持者です。同じく国家資格である鍼灸師やあん摩マッサージ指圧師と同様、行う施術こそ医療類似行為ではありますが、その施術について健康保険が適用されることがあります。

しかしその適用範囲は非常に狭く、適用されるのは「外傷性」の骨折や脱臼、打撲、捻挫、肉離れなどの挫傷のうち、急性または亜急性の疾病のみとなっています。また、骨折・不全骨折・脱臼は別途医師の同意が必要になるのも要注意です。

整体でも扱う分野である、肩こり・腰痛・慢性筋肉疲労などの慢性的かつ「非外傷性」の疾病である場合は、健康保険の適用を受けることはできません。

健康保険は最終的に適用が認められなければ使えないというのも注意が必要で、仮に健康保険が使えるという説明を受けて施術を行ってもらったとしても、適用が認められず後で患者自身に請求が行く場合もあります。なので、なんとなくのイメージで鵜呑みにせず、しっかりと保険適用かそうでないかを説明してくれる接骨院を選ぶといいでしょう。

接骨院と整骨院、整体院やカイロプラクティックセンターとの違い

接骨院とよく似た名前である「整骨院」とは何が違うのでしょうか?結論からいえば、接骨院と整骨院は名前が違うだけで、中身は同じです。どちらも柔道整復師が開業している施術所で、外傷性の骨折・脱臼・捻挫などの損傷や、慢性的な腰痛や肩こりなどの不調に対して、柔道整復術を用いた手技療法を中心にして対処を行っています。

それでは、よく混同されがちな「整体」や「カイロプラクティック」との違いはどうでしょうか。接骨院・整骨院・ほねつぎなどの施術所と、「整体」「カイロプラクティック」を扱う整体院やカイロプラクティックセンターなどとは、明確に違う点があります。

まず、整体・カイロプラクティックの場合、整体師やカイロプラクターという職業の人たちが施術にあたることになりますが、これらの人たちは柔道整復師と違って国家資格保持者ではありません。あくまでも民間資格しか持っておらず、また無資格開業も自由です。なので当然保険の適用もありません。

柔道整復術と、カイロプラクティック・中国整体も明確に違う点があります。アプローチ法である「手技療法」や最終目標である「自然治癒力を最大限に高める」ことは同じですが、主に慢性的な不調を扱うカイロプラクティックや整体に対し、柔道整復術は明確に外傷を扱うというのが一番の違いです。整体やカイロプラクティックでは、外傷や挫傷は取り扱えません。

まとめ

以上、接骨院とは何か、その特徴や効果、整体やカイロプラクティックとの違いまで一通り説明してきました。接骨院・整骨院は主に外傷性の症状に対して対処できる療法であることが特徴で、一部ではありますが保険適用が受けられるというメリットもあります。

東京都江東区扇橋にある「なかの杜接骨院」は、初めての接骨院で不安な患者様でも安心して施術を受けられる環境が整っています。なかでもエコー観察装置によって骨折の度合いや細かい損傷度合いの測定などを明確にできるのが大きなメリットです。

外傷性の症状でなくとも慢性的な不調の改善も対応しており、患者様一人一人にしっかりと向き合い、最適な施術を提供しています。ストレスケアマッサージなども行っていますので是非一度診療に訪れてみてはいかがでしょうか。

お問い合わせはこちらからどうぞ

住所 / 〒135-0011 東京都江東区扇橋2-20-9
営業時間 / 月〜金 午前 8:00〜12:00 午後14:30〜20:30 土8:00〜13:00
定休日 / 日曜・祝日

  • 電話番号: 03-6666-2675
  • お問い合わせ